読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焼きサバ定食、ごはん大盛りで。

結局自担が1番かっこよくて可愛い

多分この劣等感は一生忘れない

健忘録

またまた私事ですが、どうしてもここ数日もやもやしてまとめて書きたくなったので書きます…自己満です。

 

以前、私の高校受験の話をここに書きました。

(私事ですが) - 焼きサバ定食、ごはん大盛りで。

どうしても行きたかった公立高校は不合格となってしまい、泣く泣く私立高校に進学したって話です。

 

中学生活をめちゃめちゃエンジョイしてた訳でも無く、ひっそりと好きな友達とだけ一緒に居て、っていう生活を送ってて(楽しかったの2年生だけ)、「JKってブランドだし頑張って友達作って楽しむぞ〜!」と意気込んでいたワタス

 

結果

 

 

まだ友達皆無(入学して2日だから当たり前です) 

 

人見知りだから話し掛けられないし多分周りから見たら眼鏡掛けて本読んでる石像みたいに見えてるはずだし(?)、早々先行き不安!お先真っ暗!はよ卒業!って思っている訳です。

 

何より辛いのが、入学して学校の生活や校則や雰囲気を見て改めてやっぱり公立高校行きたかったって思ってること。私が知ってるだけで、同級生の中で公立落ちた子って3人しか居ないんですよ。私の通ってた中学校は地域でもなかなか生活態度も良く生徒が結構賢くて優秀な校風と人気で、その中でも私達の学年は平均的に優秀で難しいテストが出ても大体平均点50くらいは叩き出して先生が驚く事もしばしばあるような学年だったんですよ。そんな学年の雰囲気が丸々受験結果に現れてて、府内でかなり賢い公立高校を受験した生徒は全員合格、その他も公立高校受けた95%くらいは受かってるんじゃないかな?多分。SNSのリア垢のTLに入学式♡3年間楽しむ😇💓とか入学して2日目だけどクラスノリ良くて楽し〜〜!明るいクラスになりそう😊みたいな投稿が出てくるわけですよ。あッ…楽しそう…泣く泣く私立に通ってる私は心が千切れそうな訳ですね。

 

私は秋から公立の志望校は決まってて、でも学力も評定も足りなくてずーーっと厳しいって言われてたんですね。一時は公立に行くためにランクを落とした学校に行く事も考えましたが直前になって『妥協していいのか?第一志望を受けとかないと後悔する』と思ったんですね。その頃の私はランク落とした学校(公立)に受かっても、きっと第一志望への劣等感を抱える事になる、と。私立合格が決まった2月半ば、第一志望を受けると決めました。担任にも塾にも最後まで厳しいと言われ、「私立に行く覚悟で受験して下さい」と言われましたが、もちろん私立に行く覚悟なんか無くて第一志望に行く気満々で(笑)第一志望の学科は国際教養科で第二志望が普通科だったんですけど、普通科には引っかかるでしょ…と思ってました。舐めてますね!今年受験生の子達はこんな舐めた思考持ったらダメだよ!滑るからね!

結果発表当日、緊張を超えて無感情で高校へ向かいました。学科が2つあるので受験番号開示も2つに分かれていてまず普通科の受験番号を見た訳ですが無い。この時の私は「あれ無い!!普通科無い!!えっ国際受かった?!?!落ちた?!?」ですね。普通科×だったので残る結果は国際教養合格か不合格な訳ですね。そこで一気に緊張が来て国際教養の受験番号を見たけど無かった訳です。その時の私「…落ちた…私立…私立嫌なんだけど😭」でした。落ちた悔しさでも辛さでも無く私立イヤという感情。

 

この私立イヤという感情を拭えることも無く今学校に入学し公立への劣等感を抱えながら学校に通い始めました。いつかこの劣等感が無くなる日は来るのかな。来ませんね。一生この悔しいさは忘れません。受けなかった後悔をするべきだったのか落ちた劣等感を味わってる方が良かったのか分かりません…。今年受験する子達は私立も妥協して決めず勉強するんだよ!落ちたらクッッソ悔しいからね!1年間死にものぐるいで勉強すること以上に勝るものは無いけどそれはしんどいから毎日1時間でも勉強して定期テストと実力テストでいい評定取っとこうね!(白目)